花のページ 
 
花の写真は、花そのものが美しければ通常は写真も綺麗に撮影できます。そう言えば簡単な被写体のように感じますが、実際は苦労の多い被写体だと感じています。

まず同じ花でも、桜は木全体で見る事ができますが、花はその主役となる花の状態で出来栄えが決まるのでごまかしが利きません。ですので花の満開時期からズレた時期に撮影を行うと、とても苦労します。

また、別の場所で同じ花の種類の名所は数多くありますが、やはり花が主役となるので、どこの名所で撮影した写真なのかが分かりにくいのも難点です。最近はいろんな花が植えられており、レパートリーを増やすつもりで珍しい花の名所で撮影してみたりもしますが、中には撮影に向いていないのではという花もあって、撮影した写真を見てガッカリすることもあります。

そして最も難しい点といえば、花の場合は他の風景写真と違い接写(マクロ撮影)を伴う撮影が多いため、マクロレンズを使用するなどとても細かい部分で写真の差をつける必要があり、風景写真の中でも一番センスの差が表れる被写体でもあります。例えば後ろの花を完全にぼかして背景の壁紙として使う撮影方法や、顕微鏡で見ているかのような花びらのアップなどは、花の写真でしか使用しない撮影方法と言えるでしょう。

よく「初心者は広角レンズを多用し、熟練者は望遠レンズを多用する」と言われています。美しい風景を目の前にした時、初心者はその全部を捉えておきたいと思う為、そして熟練者はその風景に撮らされることなく一番美しい部分を切り取ろうと思う為と言われています。心なしか花の撮影をしている人はキャリアの長い年配者が多いようにも思いましたが、私も表面の美しさに惑わされることなく一番美しい箇所を切り取れるように心がけたいと思います。
百毫寺 国田家の芝桜 葛城高原 烏丸半島
箱館山 明日香 越前海岸 尾瀬
長谷寺 桃山町 矢田寺 コスモスの里
曽爾高原 宇津江草花園 室生寺 砺波
桜之宮公園 飯山 草津原生花園 大阪城公園①
大阪城公園② 舞洲 中山寺 城南宮
萬葉植物園 大阪城公園 荒巻バラ園 夢コスモス園
長串山公園 大阪城公園 美瑛・富良野 勧修寺
                 
永沢寺 森林植物園 滝谷菖蒲園 なばなの里
はなもも回廊 はなもも回廊 日本昭和村 城北公園
いなべ公園① いなべ公園② 綾部山梅林 春日大社
中之島公園 長岡天満宮 鈴鹿公園① 鈴鹿公園②
                 
観音寺 なばなの里 北野天満宮① 北野天満宮②
広橋梅林 西吉野町 老富 道明寺八幡宮
月ヶ瀬梅林① 月ヶ瀬梅林② 大阪天満宮 石光寺
霧ヶ峰高原 赤そばの里① 赤そばの里② ドイツの森
般若寺 岩船寺 西山公園 田口
北神山花街道 岩代梅林 阿智村 賀名生梅林